2018-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dラッチ動作確認(説明動画あり)

こんにちは、竹村です。

5月25日は、前回紹介したDラッチが期待通りに動くのか、実際に作ってテストしてみました。

本当は米田の買ってきたブレッドボードというものを使って楽に終わる予定でしたが、なんとブレッドボードにリレーが刺さらないという事態が発生してしまいました。

なのでしょうがなくミノムシクリップを駆使して配線する羽目に…

5_25_1.jpg
(写真1:配線中。奥に見える白い板がブレッドボードです)

なんとか接続も終わり、いざテスト!……うまく動きません(;゜д゜)

そんなはずはないと配線を何度も確認したところ、どうもリレーにつないだクリップ同士が触れ合ってしまったために、ショートが起きてしまったようだということがわかりました。

そこで、しょうがなく基盤にはんだ付けすることになったのですが(あえて言おう、初めから、そうしろと)、みんなめんどくさがってやりたがらないので、じゃんけんで負けた人がやることに。

そして負けてしまった一番不器用な私、竹村は「こういうことこそ分業だ!適材適所だ!!」と主張しながら基盤と悪戦苦闘していました。
普段はじゃんけん強いのになあ…

5_25_2.jpg
(写真2:悪戦苦闘する竹村。ふじてつが面白がって撮っていました)

結局、作業の遅すぎる僕を見かねて二人とも手伝ってくれました。
そして完成した回路をテストしてみると…ちゃんと動くではありませんか!

5_25_3.jpg
(写真3:完成したDラッチ回路。ブレッドボードも使っています)

これにはみんなで一安心。なにせ、これがうまくいくかどうかで、コストが大幅に変わってくることになるのですから。

そして、今回は解説動画を撮ってみました。専門知識がなくてもわかると思いますので、ぜひ見てみてください。

(動画1:Dラッチ解説動画。実はtake 5です)

これからは、電卓の具体的な設計を米田とふじてつが、計算機(CPU)の大まかな設計を僕が、というように分業しながら作業を進めていくことになります。

それではまた、次回の更新で。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://antisemiconductor.blog.fc2.com/tb.php/6-447ef51b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

アンチ半導体同盟(仮)

Author:アンチ半導体同盟(仮)
東京工業大学 工大祭 2013でリレー式計算機を展示します。
日時:10月12日(土)、10月13日(日)
場所:大岡山キャンパス西9号館W934講義室
企画名:リレー式計算機展

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
活動紹介 (19)
メンバー紹介 (2)
解説記事 (6)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。