2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんか思ったよか大丈夫そう

こんにちは。米田です。

 久しぶりの活動報告です。

 8月22日から8月24日の3日間を「集中作業期間」に設定して思いっきり作業を進めました。
 そもそもなんでこんな期間を設定したかと言うと、工大祭まであと2ヶ月を切っているのにCPUはおろか電卓も完成していないという状況があったからです。7月13日に決めたスケジュールの通りだと電卓はとっくのとうに完成しているはずだったのになぁ。

 集中作業期間には普段のメンバー(米田、竹村、ふじてつ、桐山)のみならず心強き助っ人にお越し頂き一緒に作業をしました。助っ人の方々には主にCPU部品のハンダ付けをやってもらいましたが、その間に組立やデバッグの方をすることができ大変助かりました。本当にありがとう。

 さて、この日完成した部品のうち2つを紹介をいたします。
 一つ目はレジスタへのアクセスに使うマルチプレクサです。私達が作るCPUにはレジスタが16本あり、この16本のうちのどれにアクセスするかを選択するのに使用します。回路規模はどれ位になるかというと,

( (レジスタ本数) - 1 ) × (レジスタ1本のビット数) = (16 - 1) × 4 = 60個


のリレー(1回路のリレー)が必要となる位です。マルチプレクサは回路自体は単純なのですが数が多いためなかなか大変です。これが完成したのは結構大きいです。

 次に表示回路です。これは電卓で計算結果の表示に使います。電球を使ってい、制御基盤にはAC100Vがかかっている部分があります。ショートしてブレーカーが落ちたり、AC100Vに触れて感電するとまずいのでそこそこ安全設計になっています。
DVC00288.jpg

 表示回路が完成して動いているところを見ると電卓本体の完成を急ぎたくなってきます。

 3日間の集中作業では思ったよりも順調に作業が進みました。CPUの80%の部品の完成、電卓の部品のほとんどが完成、電卓の組み立てとデバッグの70%が完了、というところまで何とか到達したのです。

 さぁ、10月の工大祭まで突っ走るぞ〜!



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://antisemiconductor.blog.fc2.com/tb.php/21-014b1d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

アンチ半導体同盟(仮)

Author:アンチ半導体同盟(仮)
東京工業大学 工大祭 2013でリレー式計算機を展示します。
日時:10月12日(土)、10月13日(日)
場所:大岡山キャンパス西9号館W934講義室
企画名:リレー式計算機展

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
活動紹介 (19)
メンバー紹介 (2)
解説記事 (6)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。